スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
パパの守りたかったもの
2016 / 03 / 13 ( Sun ) 20:40:17
現実から夢の間にいたような1週間が過ぎました。
ブログをはじめ、インスタグラム、フェイスブックで
たくさんの励ましの言葉 本当にありがとう!

レンタカーを借りて 東京~静岡 往復6時間の
4連チャンはさすがにきつかった!!
朝早く家を出て夜中に帰宅

実家はわんこNGだし
ジュニとくぅたんがいるので
泊まる事は出来ないし
でも、そのおかげで今まで過ごした事のないような
考える時間が持てたような気がします。

ジュニとくぅたんが心配だから・・・と
ダックスの神 ETちゃんが仕事帰りに
ジュニとくぅたんの見回り&ご飯のお世話に来てくれました。

ETちゃんのお家は同じ都内にいながら
1時間の距離
仕事で疲れているのに自宅とは反対方向の留守宅に来てくれました。
持つべきものは友達だなーと つくづく思いました。

お通夜・告別式には沢山の人が参列してくれて
家族以外の方にもパパに対するそれぞれの想いがあるんだって
今更ながらに気づくことが出来ました。

パパは8人兄弟の長男

下の5人は腹違いの弟妹で
一番下の弟とは30歳も年が離れています。
おじいちゃんが早くにリタイヤしたため
下の弟妹の生活や学校のことは
全てパパが面倒見ました。

パパは一生をかけて弟妹
そして私たち家族を守ってくれたんだなーって思いました。

すべての人が
「ありがとう!ありがとう!」って涙してくれているのを見て
パパを誇りに思ったし
Junjunもパパに「ありがとう」しか無かったです。


生前いつもパパは言っていました。

もしもの病気にかかったとしても
手術はしない!
積極的治療はしない!
延命はしない!
入院もしない!


それがパパの願いでした。


そして、最期の最期までゆー姉ちゃん家族が
パパの願いを叶えてくれました。

ゆー姉ちゃんは言っていました。
最後の決断は家族しかできない…と
そして
パパの幸せな終活のお手伝いが出来れば
誰にどう責められようとそれでいい!…と


実際 入院したのは昨年末 肺炎になって緊急搬送された時と
最期の2日間だけでした
実際の介護生活は想像がつかないくらい大変だったと思うけど

ゆー姉ちゃん一家がパパの意思を尊重して
パパを全力で守ってくれました。


20160313172721592.png


ゆー姉ちゃんは パパの最高傑作!
パパの前ではいつも笑顔・笑顔でした。



亡くなる2日前 Junjunとの最後の2ショット
↓↓↓↓↓
2016031317244030b.jpeg

いっぱいおしゃべりをして
家族・親族みんなに きっちりお別れを告げて
そして,,,ピースサインをして逝ってしまいました。


パパが守りたかったもの
それは 家族の笑顔だったんだなーって
平凡でもいい ささやかでもいい
小さな幸せを守るために
一生懸命に生きてきたパパを本当に誇らしく思いました。




お別れはとても寂しい
でも、そんなパパに恥じないように
くじけずに頑張らないとなっ!と思いました。

そして、今度生まれ変わっても絶対にパパの子供になるっ!と決めました。




20160313172419b2f.jpeg


パパ、心からありがとう!
また会う日まで。






明日からは通常運転
どーしよー!!
仕事を6日間も休んじまったぜぃ
怠け癖がついちまったぜぃ
復帰できるのか???
ああ...明日も休みたい(>_<)コラ





スポンサーサイト

ひとりごと TB:0 CM:1 admin page top↑
<<ありふれた風景 * HOME * 手のひら>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2016/03/13 21:36 * [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://gogojunjun5163.blog38.fc2.com/tb.php/600-20fdd54f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。